三階建ての住宅が埼玉でも増えている

三階建て 埼玉

住宅の形は時代によって異なりますが、例えば昭和30年代があれば2階建て住宅はまだ少なく平屋建ての住宅が多くを占めていました。ところが昭和40年代になると埼玉県内でもより面積の広い住宅を好む傾向があったため、平屋建て住宅はよほど土地に余裕がある人以外は建築しなくなってきました。平屋住宅の代わりに出始めたのが2階建て住宅になりますので、町じゅうのほとんどは2階建て住宅ばかりになったわけです。さらに時代は進むと今度は3階建て住宅が増えてくるのがわかりますが、これは土地が狭くなったことも理由になっています。土地が狭いため横に延ばすことができないうえに、可能な限り室内で広い面積を確保しようとするならばやはり三階建てにするのが一番良いと考えたからでしょう。

木造住宅でも建築が可能になっている

埼玉県の三階建て住宅は一昔前までは鉄筋住宅が多い傾向がありましたが、最近はそのような傾向が減少してきており木造でも建築することができるようになっています。このように木造の3階建てが多く出現した理由はほかでもなく、建築技術が向上したため木造にしても耐震性の面でも問題ないと判断されているからです。確かに昔の建築物を見ると三重塔や五重塔はすべて木造でつくられており決して木造で3階建てを建築することは難しいことではないことがよくわかるでしょう。どれぐらいの予算がかかるかは木造住宅と鉄筋コンクリート住宅で変わることになりますので、事前によく調べておくことが大事です。一般的には木造住宅の方が安く建築することができますので、特にこだわりがなければ木造住宅にすべきです。

一部制限されることがあるため注意する

三階建ての木造住宅は増えているもののすべての住宅で木造住宅が建築できるわけではないことを知っておく必要があります。例えば埼玉県内の住宅でも1階部分をガレージにしている家をよく見かける人も多いはずですが、1階部分をガレージにする場合には木造住宅で建築すると耐震性の面においてリスクが高まるため鉄筋コンクリートや鉄骨造りにしなければなりません。木造住宅に比べると鉄筋コンクリートや鉄骨造りの方が料金もかかりますので、その点を考慮しながら住宅の建築に取り掛かるべきです。業者選びも重要になるため、事前に情報を得ておくことが必要ですが業者によっては3階建てを建築することを専門的に行っているところとそうでないところがあります。当然3階建の建築を専門的に行っているところに建築を依頼しておけば、満足できる住宅になるでしょう。