埼玉で三階建ての住宅を建てる時のポイント

三階建て 埼玉

埼玉で一戸建てを新築するなら、三階建ても選択肢に入れて検討しましょう。敷地面積に関係なく、床面積を最大限に確保しやすくなります。生活空間はもちろんのこと、収納空間も確保できます。マイカーを所有したいのならば、ガレージも施工するのが理想的です。別の場所に駐車場を契約すると毎月の賃料が必要になりますので、家計にとって負担になります。一台ごとに駐車場代がかかってしまうよりも、自宅にガレージを施工しておくほうが経済的です。夫婦それぞれがマイカーを所有したい場合は、複数台分の駐車スペースを確保できるように設計してもらいましょう。狭小地ならば、建物の一階をガレージに施工しておく方法もあります。土地の形状と面積に応じて、ガレージも柔軟に設計できます。

延床面積と施工面積に注目して設計を

三階建てを設計するときのポイントは、地階と中二階と屋上を施工するかの判断です。埼玉の都心部では広い敷地面積の土地を確保するのは容易ではありませんが、住宅地ではなく商業地域の土地であれば狭小地でも高さを確保できます。建築基準法では延床面積を基準にして建ぺい率と容積率を算出します。建ぺい率に合う範囲内の延床面積の建物しか建築できないのですが、ある条件の下では広くできます。天井の高さが140センチメートルに満たない空間は延床面積に加算しなくても良いからです。一階にガレージを施工すれば、ガレージの上に中二階と同様の空間を施工しやすくなります。同じ方法を、地階、中二階、ロフトに応用すれば、倉庫や納戸といった収納空間に利用できます。期間限定ですが子供部屋としても機能させられます。

耐久性が高くて耐用年数が長い建築を

三階建ては木造建築でも可能ですが、鉄筋コンクリート建築が主流です。重量木骨建築が採用される場合もあります。どのような資材を使用して建築する場合でも、堅固な建物に仕上げるのが必須課題です。堅固な建物なので、地階から屋上まで幅広い空間を有効活用できるようになります。建売分譲の戸建てでは実現が困難なテーマも容易に実現できます。二階や三階に水回りを施工しても、耐久性と防水性を高く維持できます。埼玉はゲリラ豪雨が発生しやすいエリアですから、三階建てを建築しておくと床上浸水対策にも効果的です。竜巻にも強い建物として機能しますので、家族と財産を守る住まいに仕上がります。新築コストは高く感じられても、耐久性の高さと安全性の高さから、長く安心して暮らせます。バリアフリー対策を施工しておくと、将来的に二世帯同居や三世代同居にも対応できます。