埼玉に多い三階建ての住宅の特徴

三階建て 埼玉

関東地方にある埼玉県にはたくさんの一戸建て住宅がありますが2階建ての住宅も多い一方で三階建て住宅も非常に多いです。特に埼玉県の中でも市街地といえる大宮近辺や浦和近辺などはマンションもたくさんあるだけでなく戸建て住宅の三階の住宅が目立つと考えている人が多いでしょう。実際に一戸建て住宅を見てまわると駅に近ければ近いほど三階の住宅が多い傾向にあるのは間違いありません。一般的に三階建て住宅を建築する場合は土地が余り十分に確保することができず仕方がなく横に伸ばすのではなく上にのばすようにしている傾向が強くなっています。このような傾向がみられるのは駅の近くは土地の値段が高いためあまり広い土地を売却することができず仕方なく上にのばすようになっています。

庭がないためガレージにしていることが多い

埼玉県の三階建ての住宅の特徴はいくつかありますが、その中の一つが1階部分は乗用車を入れることができるガレージにしているパターンです。ガレージにするのは、汚れがつきにくいことや外からほこりが飛んでこないことまたは雨を直接受けないため自動車が劣化しないなどの様々なメリットがあることも理由の一つになりますが結果的に駐車場を設けるスペースがないことが原因になるでしょう。ガレージ付きの住宅を建築する場合には普通の住宅を建築するよりもお金がかかる傾向がある事は一般的によく知られていることになります。そもそもガレージをつくるときには柱の本数が限られていますので柱の本数を可能な限り少なくすることで建築が完了するでしょう。つまり多くの場合は木造住宅では耐震性に限界があるため木造造りにするのではなく鉄筋コンクリート造りにするかあるいは鉄骨を使った住宅にすることが一般的になっています。

採光に工夫をすることも大事になる

最近多くの人が建築している埼玉の三階建て住宅では部屋の配置を工夫しなければ居住しにくくなるため部屋の配置に力を入れなければならない可能性があります。なぜそのようなことが言えるかですが1つのフロアの面積が2階建ての住宅よりも狭くなりますので2階建て住宅と同じように考えて設計をすると狭い部屋が複数できてしまうことになるからです。また3階までの住宅を建築するときには暗い部屋を少なくするために太陽の光をどのようにたくさん部屋の中に入れるか考えるかもとても大事になってくるでしょう。その時に重要になってくるのはガラス窓ですが窓をたくさんつけすぎても見栄えが悪くなるだけでなく建築費用が余分にかかってしまう可能性が出てくるでしょう。そのためいくら光を入れるためとは言え窓の量は一定数を超えないようにしたほうがより良い暮らしができる可能性が高くなります。