埼玉の三階建ての住宅を建てる手順

三階建て 埼玉

最近は場所柄から土地探しを行っても地価が高くて思うような広さのところを手に入れることが難しくなって来ています。しかし例え狭小土地や変形土地であっても、なんとかそこで自分の住宅の夢を実現したいと考えるものです。土地が狭かったり周辺の住環境によってはその機能性を満たすには平屋や2階建てに限らず上方向へ伸ばすという方法もとられます。三階建て住宅を埼玉で実現するには、まずその土地の用途地域がどこなのかを調べ、建蔽率や容積率を知るところから始まります。さらに元は池や沼地などでなかったかどうかを地名などの由来を知ることも有効です。そして地盤調査を行った上で建築基準法の法的な制限をチェックして行くことが必要になります。それは高さ制限や道路斜線、北側斜線、隣地斜線などの制限を受けることがあるからです。

建築工法や地盤の調査も大切になって来ます

三階建ての住宅を埼玉で建てる場合には最近は木造枠組壁工法や木造在来工法でも建てられるようになって来ていて、これらの工法で建てられる件数も多くなって来ているようです。但し適切な構造計算を行った上で基礎工法などを決めて地盤支持力との兼ね合いで決めて行くようになりますが、余り幅の狭いタイプの建物は地震の際に大きな横揺れが生じて不安定になる場合もありますので、鉄骨造や鉄筋コンクリート造を検討する方が良い場合もあります。特に狭い敷地にビルトイン・ガレージを取り込む場合には注意する必要があります。機能性に関しては1階部分に住居スペースがとれず2階以上のスペースをそれに充てることになりますので階段の上がり降りが主な移動手段になります。その際に将来を見越してホームエレベーターを組み込むことも可能です。

建築設計や施工に関しての注意点について

三階建て住宅を埼玉で建てるには通風や採光面で機能を満たす必要があり、場合によってはトップライトを設ける場合もあります。まず木造・鉄骨造、鉄筋コンクリート造のどの工法で行くかを決め、基礎の工法を決定します。敷地の広さや隣地の建物などから外壁を何にするかを決め、なるべく仕上げ材で成り立つ材料を使用します。外観スタイルとしてはデザインも考慮しますが、洋館建ての形にして屋上へ出られるようにしてそこに植栽を施して庭園を設けると省エネ性に配慮されたものが完成することになります。予算も大幅に増加しますから見積をとって予算内に収まるように検討します。施工にあたっては通路や施工関係者の駐車場の位置のチェックや広さも確保する必要があります。安全性に配慮して工事を進めることになります。