三階建ての住宅が埼玉でも増えている

三階建て 埼玉

住宅の形は時代によって異なりますが、例えば昭和30年代があれば2階建て住宅はまだ少なく平屋建ての住宅が多くを占めていました。ところが昭和40年代になると埼玉県内でもより面積の広い住宅を好む傾向があったため、平屋建て住宅はよほど土地に余裕がある人以外は建築しなくなってきました。平屋住宅の代わりに出始めたのが2階建て住宅になりますので、町じゅうのほとんどは2階建て住宅ばかりになったわけです。さらに時代は進むと今度は3階建て住宅が増えてくるのがわかりますが、これは土地が狭くなったことも理由になっています。土地が狭いため横に延ばすことができないうえに、可能な限り室内で広い面積を確保しようとするならばやはり三階建てにするのが一番良いと考えたからでしょう。

木造住宅でも建築が可能になっている

埼玉県の三階建て住宅は一昔前までは鉄筋住宅が多い傾向がありましたが、最近はそのような傾向が減少してきており木造でも建築することができるようになっています。このように木造の3階建てが多く出現した理由はほかでもなく、建築技術が向上したため木造にしても耐震性の面でも問題ないと判断されているからです。確かに昔の建築物を見ると三重塔や五重塔はすべて木造でつくられており決して木造で3階建てを建築することは難しいことではないことがよくわかるでしょう。どれぐらいの予算がかかるかは木造住宅と鉄筋コンクリート住宅で変わることになりますので、事前によく調べておくことが大事です。一般的には木造住宅の方が安く建築することができますので、特にこだわりがなければ木造住宅にすべきです。

一部制限されることがあるため注意する

三階建ての木造住宅は増えているもののすべての住宅で木造住宅が建築できるわけではないことを知っておく必要があります。例えば埼玉県内の住宅でも1階部分をガレージにしている家をよく見かける人も多いはずですが、1階部分をガレージにする場合には木造住宅で建築すると耐震性の面においてリスクが高まるため鉄筋コンクリートや鉄骨造りにしなければなりません。木造住宅に比べると鉄筋コンクリートや鉄骨造りの方が料金もかかりますので、その点を考慮しながら住宅の建築に取り掛かるべきです。業者選びも重要になるため、事前に情報を得ておくことが必要ですが業者によっては3階建てを建築することを専門的に行っているところとそうでないところがあります。当然3階建の建築を専門的に行っているところに建築を依頼しておけば、満足できる住宅になるでしょう。

埼玉で三階建ての住宅を建てる時のポイント

三階建て 埼玉

埼玉で一戸建てを新築するなら、三階建ても選択肢に入れて検討しましょう。敷地面積に関係なく、床面積を最大限に確保しやすくなります。生活空間はもちろんのこと、収納空間も確保できます。マイカーを所有したいのならば、ガレージも施工するのが理想的です。別の場所に駐車場を契約すると毎月の賃料が必要になりますので、家計にとって負担になります。一台ごとに駐車場代がかかってしまうよりも、自宅にガレージを施工しておくほうが経済的です。夫婦それぞれがマイカーを所有したい場合は、複数台分の駐車スペースを確保できるように設計してもらいましょう。狭小地ならば、建物の一階をガレージに施工しておく方法もあります。土地の形状と面積に応じて、ガレージも柔軟に設計できます。

延床面積と施工面積に注目して設計を

三階建てを設計するときのポイントは、地階と中二階と屋上を施工するかの判断です。埼玉の都心部では広い敷地面積の土地を確保するのは容易ではありませんが、住宅地ではなく商業地域の土地であれば狭小地でも高さを確保できます。建築基準法では延床面積を基準にして建ぺい率と容積率を算出します。建ぺい率に合う範囲内の延床面積の建物しか建築できないのですが、ある条件の下では広くできます。天井の高さが140センチメートルに満たない空間は延床面積に加算しなくても良いからです。一階にガレージを施工すれば、ガレージの上に中二階と同様の空間を施工しやすくなります。同じ方法を、地階、中二階、ロフトに応用すれば、倉庫や納戸といった収納空間に利用できます。期間限定ですが子供部屋としても機能させられます。

耐久性が高くて耐用年数が長い建築を

三階建ては木造建築でも可能ですが、鉄筋コンクリート建築が主流です。重量木骨建築が採用される場合もあります。どのような資材を使用して建築する場合でも、堅固な建物に仕上げるのが必須課題です。堅固な建物なので、地階から屋上まで幅広い空間を有効活用できるようになります。建売分譲の戸建てでは実現が困難なテーマも容易に実現できます。二階や三階に水回りを施工しても、耐久性と防水性を高く維持できます。埼玉はゲリラ豪雨が発生しやすいエリアですから、三階建てを建築しておくと床上浸水対策にも効果的です。竜巻にも強い建物として機能しますので、家族と財産を守る住まいに仕上がります。新築コストは高く感じられても、耐久性の高さと安全性の高さから、長く安心して暮らせます。バリアフリー対策を施工しておくと、将来的に二世帯同居や三世代同居にも対応できます。