埼玉で三階建て住宅を建てたい人のための基礎知識

三階建て 埼玉

埼玉で三階建てを建てたいと考えている方は、現在持っている土地や購入したい土地が建ぺい率や容積率の制約のある用途地区かを確認することが重要です。地域によって家の高さなど様々な制約があり三階の家を建てることができない地域もありますので注意が大切です。三階の家のメリットは様々あり二階建て以下の建物と比較して坪単価は高くなりますが同じ部屋数を確保する時には土地の面積が3/1~2/1に縮小することができますので一概には言えませんがトータルで考えると価格は安くなる場合はあります。しかし三階の家のデメリットは建築基準法で構造計算を申請する時に提出しなければなりません。そしてさらに3階建ての場合は自重が重い為敷地の地盤改良を行わなければならない場合があり埼玉で三階建の家を建てるための詳細な情報を紹介します。

三階建てのメリット床面積が増えることです

狭小地を購入して臨む広さの部屋を確保したいと思う方は三階の家が有効です。土地の価格は都市部に行けば行くほど高くなりその費用が膨大の金額になります。三階の家を建てると少ない土地で床面積を増やすことができ自分の望む部屋数を確保できます。しかし埼玉で三階の家は地域によっては用途地区に指定されたり様々な高さの制約の地域があり事前の調査が必要です。特に問題がない場合でも確認書を提出する際に構造計算書を添付しなければなりません。この構造計算を作成すのには誰でもできるわけではなく資格が必要です。またそれと同時に三階の家を建てるには当然家の自重が重い為それに見合った地盤の強度があるかことらも調査が必要になります。そして地盤が弱い場合は地盤改良を行わなければなりません。

三階建てはそれぞれ目的を持った独自な使い方ができます

埼玉で三階の家を建てるメリットの一つにそれぞれ目的にあった独自な使い方ができます。例えば一階は事務所や店舗、駐車場など二階以上は住まいとして使用し明確に役割を分けることができます。特に店舗併用な三階の家はプライベート空間を維持しつつ住居スペースと店舗スペースのバランスを取る為にあえて三階で建てる場合があります。また二世帯住宅などの費用を抑えて建てることができ経済的です。そして三階建ての家を建てて部屋数を確保する方法や部屋数を確保できる敷地面積を購入するかは土地の価格や地域の法律、そして家を建てる方の要望などでどちらが経済的で自分の納得がいく家を建てることができるかは一概にはいえませんが三階の家の方が建築費用は3割程度高くなります。2階建て以下は土地の取得の費用がかかり中には三階の家の方が安く建てられるケースもあります。