埼玉に多い三階建ての住宅の特徴

三階建て 埼玉

関東地方にある埼玉県にはたくさんの一戸建て住宅がありますが2階建ての住宅も多い一方で三階建て住宅も非常に多いです。特に埼玉県の中でも市街地といえる大宮近辺や浦和近辺などはマンションもたくさんあるだけでなく戸建て住宅の三階の住宅が目立つと考えている人が多いでしょう。実際に一戸建て住宅を見てまわると駅に近ければ近いほど三階の住宅が多い傾向にあるのは間違いありません。一般的に三階建て住宅を建築する場合は土地が余り十分に確保することができず仕方がなく横に伸ばすのではなく上にのばすようにしている傾向が強くなっています。このような傾向がみられるのは駅の近くは土地の値段が高いためあまり広い土地を売却することができず仕方なく上にのばすようになっています。

庭がないためガレージにしていることが多い

埼玉県の三階建ての住宅の特徴はいくつかありますが、その中の一つが1階部分は乗用車を入れることができるガレージにしているパターンです。ガレージにするのは、汚れがつきにくいことや外からほこりが飛んでこないことまたは雨を直接受けないため自動車が劣化しないなどの様々なメリットがあることも理由の一つになりますが結果的に駐車場を設けるスペースがないことが原因になるでしょう。ガレージ付きの住宅を建築する場合には普通の住宅を建築するよりもお金がかかる傾向がある事は一般的によく知られていることになります。そもそもガレージをつくるときには柱の本数が限られていますので柱の本数を可能な限り少なくすることで建築が完了するでしょう。つまり多くの場合は木造住宅では耐震性に限界があるため木造造りにするのではなく鉄筋コンクリート造りにするかあるいは鉄骨を使った住宅にすることが一般的になっています。

採光に工夫をすることも大事になる

最近多くの人が建築している埼玉の三階建て住宅では部屋の配置を工夫しなければ居住しにくくなるため部屋の配置に力を入れなければならない可能性があります。なぜそのようなことが言えるかですが1つのフロアの面積が2階建ての住宅よりも狭くなりますので2階建て住宅と同じように考えて設計をすると狭い部屋が複数できてしまうことになるからです。また3階までの住宅を建築するときには暗い部屋を少なくするために太陽の光をどのようにたくさん部屋の中に入れるか考えるかもとても大事になってくるでしょう。その時に重要になってくるのはガラス窓ですが窓をたくさんつけすぎても見栄えが悪くなるだけでなく建築費用が余分にかかってしまう可能性が出てくるでしょう。そのためいくら光を入れるためとは言え窓の量は一定数を超えないようにしたほうがより良い暮らしができる可能性が高くなります。

埼玉の三階建ての住宅を建てる手順

三階建て 埼玉

最近は場所柄から土地探しを行っても地価が高くて思うような広さのところを手に入れることが難しくなって来ています。しかし例え狭小土地や変形土地であっても、なんとかそこで自分の住宅の夢を実現したいと考えるものです。土地が狭かったり周辺の住環境によってはその機能性を満たすには平屋や2階建てに限らず上方向へ伸ばすという方法もとられます。三階建て住宅を埼玉で実現するには、まずその土地の用途地域がどこなのかを調べ、建蔽率や容積率を知るところから始まります。さらに元は池や沼地などでなかったかどうかを地名などの由来を知ることも有効です。そして地盤調査を行った上で建築基準法の法的な制限をチェックして行くことが必要になります。それは高さ制限や道路斜線、北側斜線、隣地斜線などの制限を受けることがあるからです。

建築工法や地盤の調査も大切になって来ます

三階建ての住宅を埼玉で建てる場合には最近は木造枠組壁工法や木造在来工法でも建てられるようになって来ていて、これらの工法で建てられる件数も多くなって来ているようです。但し適切な構造計算を行った上で基礎工法などを決めて地盤支持力との兼ね合いで決めて行くようになりますが、余り幅の狭いタイプの建物は地震の際に大きな横揺れが生じて不安定になる場合もありますので、鉄骨造や鉄筋コンクリート造を検討する方が良い場合もあります。特に狭い敷地にビルトイン・ガレージを取り込む場合には注意する必要があります。機能性に関しては1階部分に住居スペースがとれず2階以上のスペースをそれに充てることになりますので階段の上がり降りが主な移動手段になります。その際に将来を見越してホームエレベーターを組み込むことも可能です。

建築設計や施工に関しての注意点について

三階建て住宅を埼玉で建てるには通風や採光面で機能を満たす必要があり、場合によってはトップライトを設ける場合もあります。まず木造・鉄骨造、鉄筋コンクリート造のどの工法で行くかを決め、基礎の工法を決定します。敷地の広さや隣地の建物などから外壁を何にするかを決め、なるべく仕上げ材で成り立つ材料を使用します。外観スタイルとしてはデザインも考慮しますが、洋館建ての形にして屋上へ出られるようにしてそこに植栽を施して庭園を設けると省エネ性に配慮されたものが完成することになります。予算も大幅に増加しますから見積をとって予算内に収まるように検討します。施工にあたっては通路や施工関係者の駐車場の位置のチェックや広さも確保する必要があります。安全性に配慮して工事を進めることになります。